大阪の梅田でiPhone修理ならリペア王

Whityうめだの泉の広場を地上に出て目の前のビルの6階
お電話でのご予約はこちらをクリック
06-6311-5225

バッテリー交換

syourei05_image_alt

  1. ホーム
  2. ≫ バッテリー交換

電池のもちが悪くなったらバッテリー交換。1年半~2年くらいが安心の目安です

位置情報サービスを使うアプリを使っていると電池の減りが早いですねぇ。
フル充電してるつもりでも新品当時の60%くらいしか充電できない場合もあります。
例えば
1. 残り40%表示されているのに、ふとした拍子に電源OFFになる。
2. フロントパネルが浮き上がってた。あるいは、盛り上がってきた。
3. 購入後、もうすぐ2年。
4. 最初は1日持っていたのに、最近は夕方には残り10%を切ってくる。

こんな時は、iPhoneのバッテリー交換のタイミングです。
新しいバッテリーに交換してみると、電池残量のストレスから解放されます。
ぜひ一度お試しください。

----------

料金表

機種通常料金所用時間
6sPlus¥9,50030(min)
6s¥8,50030(min)
6plus¥8,00030(min)
6¥7,00030(min)
SE¥5,50030(min)
5s¥5,50030(min)
5c¥5,50030(min)
5¥4,50030(min)

※表示価格は全て税抜きです。

----------

よくある症例

充電がすぐに減ってしまう

バッテリーは消耗品ですので、ずっと使っていると充電の減りが早くなってしまいます。
使用状況にもよりますが、仕事などで毎日常にiPhoneを操作しているような方であれば半年ほどで消耗してしまう事もあります。充電の減りが早いからといって頻繁に充電を繰り返すとさらにバッテリーの消耗を早めてしまいます。
本体はまだまだ使える状態なのに、バッテリーのためだけに本体を買い換えるのも勿体無いですよね。
このような症状の場合はバッテリーのみを新品に交換すれば安価で済む上、本体もそのままの状態で使う事が出来ます。

----------

バッテリー残量の表示がおかしい

ついさっきまで100%だったのにいきなり50%まで減ったり、20%しかなかったと思って充電器を差した瞬間に80%まで戻ったり…と、バッテリーの残量表示がおかしくなるというケースも多々あります。
この症状もバッテリーの劣化が原因である場合が多く、バッテリーを交換すれば直ることがほとんどです。

----------

充電中にiPhoneが発熱する

充電中にiPhoneが発熱する 充電中にiPhone本体が非常に高温になったり、画面に「高温注意」といった表示が出る場合があります。
この症状が現れた際はバッテリー内部の電圧が上がっている可能性があります。原因はバッテリーである場合がほとんどですが、ごく稀に基板側が原因で電圧が上がってしまっている場合もございますので、一度当店にご相談ください。

----------

iPhoneのバッテリー交換ならリペア王にお任せください

バッテリーに不具合が起こる原因の多くが「バッテリーの腐食」「寿命」などによるものです。
iPhoneには防水性能はないものの、僅かな水滴や多少の湿気ですぐに壊れてしまう事は滅多にないかと思います。
しかし、水分が入り込んだ状態のまま繰り返し使うと本体内部のバッテリーの腐食が進み、不具合が起こる原因となってしまいます。

また、過充電を繰り返したり重たいアプリを長時間使用し続けるなどしてiPhoneが高温になると、次第にバッテリーが膨張して本体の画面が浮いてくる場合もございます。
そのまま使い続けると、バッテリーの破裂や発火などさらなるトラブルを引き起こす可能性も考えられますので、お早めに当店までお持ち込みください。

----------









今月のお得な修理

ガラス割れ・液晶交換修理

学生証提示で500円OFF

学割キャンペーン

ご紹介していただいた方に現金500円or商品券をプレゼント

ご紹介キャンペーン詳細

来店予約 アクセス 電話をかける